視力矯正@丸わかりガイド

視力矯正について詳しく解説するサイト!


子どもの視力矯正

乳児期や幼児期には、先天的な病気や遺伝等のまれなケースを除き、
日常生活に支障の出るほどの近視は、一般的には多くないようです。
最もよく聞かれるのは、学校の視力検査で視力低下を指摘される、
いわゆる学校近視ではないでしょうか。

学齢期に入ると、子どもの生活の中でも、目の負担となることが
多くなってきます。特に最近では、昔と比べて、テレビやゲーム、
パソコン等の影響が非常に色濃くうかがえるようです。近くの画面
を長時間凝視し続けることは、目の筋肉が緊張し疲労を招きます。

これが続くと目の中のピントを調節する力が弱くなり、仮性近視から
やがては真正近視へと移行していってしまうのです。子どもが
視力低下を指摘された場合、まずは眼科を受診して詳細な検査を
受けることが必要です。

一概に視力低下と言っても、近視だけではなく遠視や乱視、調節障害、
また目の疾患の有無も含めた可能性があるため、慎重な診断が必要に
なります。その上で、調節障害等のない単純近視と診断された場合は、
眼鏡の使用を検討することになりますが、0.7程度の視力があり本人が
特段不自由を訴えなければ、半年前後様子を見る場合も多いようです。

子どもの目は常に成長過程にあり、また一度や二度の検査で正確な
結果が出にくいのも実情であるため、学校で視力低下を指摘された
としても即刻眼鏡と結び付ける必要はありません。なお、子どもの
目の成長を考慮して、小学校の間はコンタクトレンズの使用は
避けるのが一般的です。

ここだけはチェック!視力矯正のポイント!

近年、視力矯正の手法として注目され始めた技術に、 オルソケラトロジーというものがあります。視力回復 のためのトレーニングとも、手術による根本治療とも 異なり、両者の中間的な位置づけに当たります。 視力の矯正・オルソケラトロジーへ