視力矯正@丸わかりガイド

視力矯正について詳しく解説するサイト!


視力矯正・レーシック手術その2

保険適用外であり、高額な手術費用がかかるにも関わらず、レーシック手術
を受ける人は近年さらに増えています。それでもやはり、外科手術、しかも
目となるとどうしても不安が増すのも当然のこと。どんな手術にも、
最低限のリスクはつきものです。

レーシックの手術後に、比較的見られる合併症としては、光の周囲にも
やがかかって見えるハロー現象や、光が極度に眩しく見えるグレア現象が
ありますがこれらは通常手術後3カ月程度で軽減・消失すると言われています。

またレーシック手術後にドライアイの症状を呈する場合や、もともとの
ドライアイがひどくなる場合があるようですが、これも一般的には術後
3カ月程度で緩和されるということです。あまりにドライアイ症状が強く、
生活に支障をきたす場合は、点眼や涙点プラグ等の対処を行うことも
あるようです。

また、まれに起こりうる手術の失敗例として眼球のごく一部を薄く切り取った
部分(フラップ)がずれたり、しわがよったりして乱視が生じる場合や、
フラップの下で感染や炎症を起こす場合もあります。現在、国内では失明に
まで至った失敗例は報告されていないようですが、ほとんどは、技術面や
設備面の不備によるものと言われています。手術の際は、設備の整った
経験豊富な医師を見極めることが大切です。

またごくまれに、角膜のカーブを調整するために削り取った組織が予想以上
の再生力で元に戻ってしまうケースがあります。こればかりは個人差と
しか言えないのですが、まれなケースとして手術後に近視が復活してしまう
例もあることを、知識のひとつとして知っておくことも必要かもしれません。

ここだけはチェック!視力矯正のポイント!

近年、視力矯正の手法として注目され始めた技術に、 オルソケラトロジーというものがあります。視力回復 のためのトレーニングとも、手術による根本治療とも 異なり、両者の中間的な位置づけに当たります。 視力の矯正・オルソケラトロジーへ