視力矯正@丸わかりガイド

視力矯正について詳しく解説するサイト!


視力の矯正・トレーニング

一般的に、一度なってしまった近視は治らないと言われています。
実際、眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正する生活を続けるうちに、
裸眼視力は少しずつ低下し、レンズの度が進行していくという人が
多いのではないでしょうか。

しかし、眼鏡やコンタクトレンズ等の器具に頼らず、また手術に
よって治療をするのでもなく、一度低下した視力を訓練によって回復
させるという考え方もあります。それが、視力回復トレーニングです。
運動不足によって体に弊害が起こった場合、その原因を解消して少し
でも状態を改善するために、運動して体を鍛えるという選択肢があります。

視力回復トレーニングもこれと同じ発想で、目の筋肉が弱ってしまった
ために起こる視力低下を、訓練して鍛えることによって改善させようと
いうものです。具体的な方法は、多種多様な手法が研究・展開されて
おり各地に専門の施設や機関もあるなど本当に様々です。

意識的にまばたきの回数を増やす、蒸しタオルを目の上に乗せて目の
筋肉の緊張をほぐす、など訓練というよりケアに近いものもあれば、
ランドルト環(一般的な視力検査で使われる、一部分が欠けた環)を
使って、遠くと近くを交互に凝視し目の調節力を鍛えるというある程度
意識的な訓練法もあります。

また、これらの自宅でもすぐに始められる手法の他に、視力回復センター等
と銘打っている機関へかかり、専用の器具や機械を使用して目の訓練を
行うという選択肢もあります。これはある程度の費用や期間が必要になり、
その結果どこまで回復するかも個人差によってまちまちです。

近年、この類の視力回復トレーニング機関は非常に増えており、まれに
消費者とのトラブルも見受けられるようです。どの方法を選ぶにも、
自己責任において十分に調査・吟味した上で選択することが大切です。

[リンク]都内で測量士が転職する方法

ここだけはチェック!視力矯正のポイント!

近年、視力矯正の手法として注目され始めた技術に、 オルソケラトロジーというものがあります。視力回復 のためのトレーニングとも、手術による根本治療とも 異なり、両者の中間的な位置づけに当たります。 視力の矯正・オルソケラトロジーへ