視力矯正@丸わかりガイド

視力矯正について詳しく解説するサイト!


視力の矯正・コンタクトレンズ

コンタクトレンズは、日本では1970年代頃に酸素透過タイプのものが発売
されて以来、着実に普及を拡大してきました。現在では視力低下の矯正方法
として、眼鏡にも劣らない割合でコンタクトレンズが使用されています。

コンタクトレンズの利点はいろいろとありますが、女性の利用率が圧倒的
に高いことからも分かるように、第一に顔の印象に影響を与えないという
点が大きいのでしょう。ファッションとして眼鏡を取り揃える人や、
敢えてダテ眼鏡を使用する人もいますが、やはり洋服や髪型等の全体的な
バランスを揃えるのは難しいものです。

周囲を見ても、高校・大学生頃からコンタクトレンズを使用し始める女性
が多いのではないでしょうか。また、機能面でのメリットも多く、視野が
限定されない(眼鏡の場合、フレームの範囲内に限られます)、湯気や湿度
の高い部屋でも曇ることがない等が挙げられます。

さらに激しいスポーツなどでは眼鏡がずり落ちることが非常に煩わしい
ものですが、その点を考慮してスポーツの時にはコンタクトレンズ、
という使用例もあるようです。ただし、ハードレンズはずれやすいため、
スポーツにはソフトレンズが適しているそうです。

コンタクトレンズは、ハード・ソフト、また近年使い捨てタイプも普及し
一段と身近になりましたが、それに伴って弊害も増えてきています。
使用に関する決まりを守らないために角膜に傷がついたり、感染症を
おこしたり、また最近は装着しながらの長時間のパソコン作業等によって、
ドライアイになってしまう例が非常に多く聞かれます。

近年では通販等でも簡単に入手できるため、より手軽に感じるコンタクト
レンズですが、医療器具であることを忘れずに、定期的に眼科での検診を
受けるなど、使用に関しては十分注意することが必要です。

[リンク]手術室の看護師に転職しよう!

ここだけはチェック!視力矯正のポイント!

近年、視力矯正の手法として注目され始めた技術に、 オルソケラトロジーというものがあります。視力回復 のためのトレーニングとも、手術による根本治療とも 異なり、両者の中間的な位置づけに当たります。 視力の矯正・オルソケラトロジーへ