視力矯正@丸わかりガイド

視力矯正について詳しく解説するサイト!


視力の矯正・眼鏡

低下してしまった視力を矯正し、日常生活に支障のない程度まで見えるよう
にするのに、最も簡単で手軽な方法は眼鏡の使用でしょう。視力の矯正手段
としては最も古くから使用され、現在でも日本人の使用人口は5000万人以上
とも言われています。

眼鏡を使用する利点は、何と言っても取扱いや手入れが簡単なことでしょう。
コンタクトレンズと違って、日々の着け外しも簡単ですし、面倒なケアや
保存液の買い置き等も必要なく、汚れたらさっと拭くだけで済みます。

また、コンタクトレンズのように眼球に直接装着することがないので、
眼球の傷や病気等の心配もなく、目に埃やまつ毛が入ってしまった時の
痛みとも無縁です。ちなみに、コンタクトレンズを規定以上に長時間使用
したり、着用した状態でパソコンの画面を凝視したりしていると、裸眼の
状態よりもずっと目の表面が乾燥しやすくなり、ドライアイになってしまう
ことがあります。ドライアイがひどくなり、コンタクトレンズの使用を
断念して眼鏡に切り替える人も少なくないそうです。

また小学生までの学齢期に近視と診断された場合は、基本的にはコンタクト
レンズは使用せず、眼鏡による矯正が一般的です。しかし、手軽な眼鏡にも
デメリットはあるものです。視野がフレームの中だけに限定されてしまう
ことや、湿度や湯気でレンズが曇ってしまうことは言うまでもありません。

眼鏡をかけること自体がうっとおしい方も多いでしょうし、顔の印象が
変わることに気乗りがしない方もいることでしょう。また、スポーツの際
には大概邪魔になりますし、着け外しが手軽な分、どこかに置き忘れることも
増えるものです。ともかく、視力低下の対応としてほとんどの場合、最初に
手に取るのが眼鏡という方は多いのではないでしょうか。

[リンク]イベントが会社の社員に転職しよう!

ここだけはチェック!視力矯正のポイント!

近年、視力矯正の手法として注目され始めた技術に、 オルソケラトロジーというものがあります。視力回復 のためのトレーニングとも、手術による根本治療とも 異なり、両者の中間的な位置づけに当たります。 視力の矯正・オルソケラトロジーへ